ファクタリングで売掛金を担保に資金調達すれば黒字倒産を避けられる

ファクタリング利用で避けられない審査・重要なポイントはどこ?

ファクタリング利用で避けられない審査・重要なポイントはどこ?

ファクタリングを利用するためには、事業者の実施する審査をクリアする必要があります。売掛の種類や差し押さえなどのリスクはないかなど、買い取った債権を確実に回収できるかどうかをファクタリングの審査の中では重視します。

 

ファクタリングの審査と銀行融資の審査とは異なる

ファクタリング

ファクタリングは申し込んだらだれでも利用できるものではないです。ファクタリング事業者は申込を受理すると、審査を実施します。そして一定の基準に達していれば、そこで初めて契約という流れになります。

 

このように言われると、銀行融資と同じような審査が行われると思っている人もいるでしょうが違いがあります。

 

銀行融資の場合、申し込んだ企業の経営状況や債務情報などを見て、融資した債権を回収できるかどうかを重視します。

 

ファクタリングの場合、事業主以外も対象にして審査が行われます。ファクタリングは単純な融資ではないです。売掛債権の売買になります。ファクタリング事業者としてみれば、まず売掛金を買い取ります。この売掛債権を回収する必要があり、この回収が問題なく行われるかどうかを審査では重視するわけです。

 

つまり売掛金の支払いのできないような企業相手であれば、債権の焦げ付きの起きる可能性が出てきます。ですからファクタリング事業者は依頼先だけでなく、売掛先の企業に関してもいろいろと調査を実施します。そして確実に売掛債権を回収できそうであれば、初めてファクタリングサービスが利用できるわけです。

 

取引先の信用度がファクタリングの審査では重視される

ファクタリング事業者が審査をする際、多岐にわたる項目をチェックします。その中でも重視されるのは取引先の信用度です。

 

取引先の状況について

ファクタリング

ファクタリング事業者として困るのは、取引先が売掛金の支払いができない状態に陥ることです。これだと売掛債権の回収ができず、ファクタリング事業者は損失を被ります。

取引先の信用情報取引期間の長さ法人か個人かなどをチェックします。特に取引先との付き合いの期間は重視されます。付き合いの期間が長ければ長いほど、それだけ信用度は高まりますので審査の面で有利です。
また取引先が個人事業主の場合、ファクタリングの利用はまず難しいということもあらかじめ理解しておきましょう。

 

依頼先の状況も審査では考慮される

取引先の状況はファクタリングの審査の中では重視されますが、もちろん依頼先に関する調査も行います。
取引先同様、依頼先も個人事業主であればファクタリングの利用はまず難しいでしょう。あと資金繰りがどのようになっているかも重視されます。資金繰りに困窮しているような資料が出てくると、倒産の危険性が高いと判断され、ファクタリングの審査通過は難しくなるでしょう。

 

中小企業の経営者の中には、自社の財務状況について正しく把握していないというケースも少なからず見られます。このような場合もファクタリング事業者の心証が悪くなりますので、依頼する前に自社の財務状況を今一度確認するといいでしょう。

 

社会人として正しい対応をすることも大事

ファクタリング面談

銀行融資でもよく言われることですが、相手の印象を損ねない対応をすることも審査に影響を与えかねません。

ファクタリングを利用する場合、面談の行われることがほとんどです。この面談で社会人として当たり前のマナーを守るように心がけることも意外と重要です。

 

例えば面談時間は厳守する、聞かれたことについてうそをつかないようにするなどです。また売掛金の回収までの期間をできるだけ短くしておくことも意外とポイントとなりえます。回収までの期間が短ければ、ファクタリング事業者からすればそれだけリスクを低減できます。その部分が評価され、審査にプラスの影響を及ぼす可能性があります。

 

売掛債権の特性もファクタリングの審査では重要

ファクタリングの審査の際には、売掛債権の特性も重視されます。その中でも以下のポイントを重視される傾向がありますので覚えておきましょう。

 

売掛金の種類

ファクタリング

売り上げは大きく分けて、定期的なものと突発的なものがあります。

 

この中でもファクタリングの審査の中で好意的にみられるのは前者です。毎月定期的に入ってくる売掛金であれば、1か月分前倒しをしたところで経営面での影響はさほど大きくありません。

 

一方で新規取引先の初めての売掛金やオンシーズン・オフシーズンのはっきりしている取引の場合、未回収リスクがどうしても高くなります。このような突発的な売上債権が原因だけで、審査落ちすることはないでしょう。ただし手数料が高くなるなど、よりリスクマネジメントをファクタリング事業者も重視する傾向があります。

 

二重譲渡の危険性

ファクタリング

ファクタリング事業者が審査の中で絶対に無視しないのが、二重譲渡のリスクが本当にないかどうかです。

 

二重譲渡とは他社に売上債権を譲渡済みにもかかわらず、新たにファクタリング事業者に譲渡を持ち掛けることです。この場合、ファクタリング事業者が売上債権を回収したくても先客がいますので、回収できる可能性はかなり低くなります。

 

実は二重譲渡は決して珍しいことではないです。さらに悪質な経営者の場合には、三重譲渡や四重譲渡をやろうとするケースもあるといわれています。そして重複譲渡にファクタリング事業者など回収業者の気が付いたときには、依頼主の経営者はトンヅラしてしまうというわけです。

 

ただしここであらかじめ断っておきますが、二重譲渡は詐欺罪に問われる可能性があります。
3社間ファクタリングでは取引先の同意を取り付ける必要があり、未然に防ぐこともできます。
しかし取引先への通知なしでも契約を交わせる2社間ファクタリングの場合、この二重譲渡が露見しないこともあります。この抜け穴を悪用する経営者も中にはいます。しかしこれが発覚すれば、罪に問われかねないのでその部分はあらかじめ理解しておきましょう。

 

差し押さえの可能性

ファクタリング事業者の審査の中で、売上入金に使われている口座も確認されます。資金繰りの厳しい事業者の中には、税金の支払いを滞納しているケースも十分考えられます。この場合、口座を税務当局が差し押さえていることも考えられます。そうなると売上債権の回収をしたくても、すでに国が差し押さえてしまっているのでできなくなることがあります。
差し押さえの危険性がないかどうか、ファクタリング事業者から税務署に問い合わせることもあります。もし安全性が担保できない場合には、経営者当人が直接税務署に赴き、担当者と交渉をして話をまとめる必要も出てくるかもしれません。

 

売掛先の属性

売掛先の企業の信用調査を実施します。ただし売掛先に連絡のいくようなことはないです。
調査の方法はいくらでもあって、帝国データバンク信用情報機関業績機関などを活用します。また売掛先の業種も重視され、風俗などのないとワーク、ギャンブル関係の債権の買取は信用性の低さから審査でマイナスになるかもしれません。特に近年、反社会性精力と関係のある企業はファクタリングの利用を拒否される可能性は高いです。

 

診療・介護報酬債権

ファクタリング

診療・介護報酬債権の場合、ファクタリング事業者の審査ではかなりプラスに評価されます。というのも診療・介護報酬の場合、社会保険資料報酬支払基金国民健康保険団体からの売掛金だからです。このようなところが入金を滞らせることはまずないでしょう。

審査通過の可能性も高まりますし、手数料もほかの売上債権と比較すると安く設定されます。つまり現金化効率が高まって、少しでも多くの資金を確保できるという依頼先にも大きなメリットが出てきます。

 

 【資金調達プロ】ファクタリング10秒カンタン無料診断
銀行返済の条件変更中でも赤字決算、債務超過でも担保不動産、保証人がなくても利用可能!
税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題がっても利用可能!
銀行融資を断られた方、ビジネスローンを断られた方、追加融資を断られた方でも利用可能!
仕入れ先への支払いが追い付かない!従業員への給料が払えない!⇒ファクタリング検討!
※事業資金を急いで調達したいなら【資金調達プロ】10秒カンタン無料診断!

資金調達プロ

>>安心して資金調達するためのファクタリング会社特集はコチラから<<

トップへ戻る