ファクタリングで売掛金を担保に資金調達すれば黒字倒産を避けられる

ファクタリングで知っておきたい重要なポイントとは

話題のファクタリング・個人事業主でも利用できるの?

ファクタリング

ファクタリングという資金調達手段が手早く現金を確保できるとして注目を集めています。
しかし個人事業主が利用する場合審査に引っかかってしまうなど、ファクタリングの利用の難しい傾向がありますので注意しましょう。

個人事業主がファクタリングを利用するのは難しい?

ファクタリングは銀行融資と比較してスピーディに資金を確保できるとして、中小企業の間で人気です。
ファクタリング会社の宣伝を見ると「個人事業主歓迎」と書かれているところもあります。

 

しかし個人事業主が申し込んで資金を融通してもらえるかというと、決してそうではないです。
個人事業主に対して、ファクタリング会社の審査は厳しい傾向がみられます。
なぜ個人事業主がファクタリングを利用できないのか、いくつか理由があります。

個人事業主がファクタリングを利用できない理由

ファクタリング

売上債権が十分ではない

ファクタリングは売掛金や手形などの売上債権のあることが前提です。
個人事業主にはこのような売上債権を持っていないケースも少なくありません。

 

このため、そもそもファクタリング利用の条件を満たしていないわけです。
売上債権を持っていても個人事業主の場合、それほど大きな額でないことが多く、そこを問題視されるケースも少なくありません。

売上債権が安定的なものかどうか不透明

ファクタリングの審査の中で、安定的な売上債権を確保できているかどうかを重視します。
ファクタリングの事業者が債権回収できなくなれば、元も子もないからです。

 

個人事業主を見てみると売掛金を持っていてもそれが安定的・継続的でないものが多いです。
そこで審査落ちしてしまうのです。

売上債権の信頼性が低いため

個人事業主の中にはファクタリングを利用できるだけの十分な売上債権を持っているケースもあるでしょう。
しかしその債権の信頼性に問題があると、審査に引っかかる可能性が出てきます。

 

具体的には売掛先の企業の信用度や安定した取引がないなどの理由です。

売掛金の入金サイトが長いから

個人事業主の場合、売掛金の入金サイトが長いケースもみられます。
個人事業主の場合、長期化すると回収がなかなかできないケースもあるからです。

 

ということはファクタリング会社からすると貸し倒れリスクが高く資金を出すわけにはいかないとなるわけです。

個人事業主という職業形態だと審査に落ちる?

信用度が低い

全般的に法人と比較して、個人事業主はどうしても社会的な信用度の低い傾向がみられます。
これが問題視される可能性があります。

 

例えば帳簿や取引内容を記録していても、それがどんぶり勘定虚偽の内容の含まれている可能性をどうしても考慮しなければなりません。

 

また個人事業主の場合、財布をビジネス用とプライベート用を分けていない可能性もあります。
となると渡した資金が生活用に回される危険性もあります。

ファクタリングを利用する場合、個人事業主から会社登記の手続きを進めたほうがいいでしょう。

ファクタリング利用の前に専門家に依頼を

ファクタリング

個人事業主の場合、直接ファクタリングの申し込みをしてしまう人もいます。
個人事業主に金融の専門的な知識を持っていればいいですが、持っていないと審査落ちしてしまう恐れがあります。

もしファクタリングを利用するのなら、税理士公認会計士のような金融の専門家に相談してからファクタリングにつないでもらったほうが審査通過できる可能性も高まります。

信用のおける専門職の人が間に入ると、ファクタリング事業者のほうも積極的になることもあり得ます。

ファクタリングは滞納などがある場合断られる可能性がある

個人事業主の中に税金や社会保険料などの滞納をしている方もいるでしょう。
ファクタリングの審査の中で滞納は重視されます。

 

ただし滞納があるだけでは審査落ちすることはないでしょう。
もし滞納額があまりに大きいと、審査落ちしてしまう可能性があります。

 

営んでいる事業に何らかの問題があると判断されてしまうからです。
もし何らかの滞納をしているのなら、早めに支払いを済ませるように心がけるといいでしょう。

ファクタリング事業者から断られない方法

資料

面談したときにマイナスの印象を持たれない

通常ファクタリングの申し込みをした場合、面談が行われます。
この面談でマイナスの印象を抱かれてしまうと、ほかの条件は十分でも審査落ちになる恐れもあります。

 

ですから面談を受ける際には十分な準備をしたうえで臨むように心がけましょう。
具体的には、

  • 準備すべき必要書類に不備のないようにする
  • 面談の日時を間違える
  • 約束の日時に遅刻する

といったことです。
いずれも社会人として当然守られるべきマナーですので、油断をすべきではないです。
ちなみにこれは何も個人事業主に限ったことではなく、法人でも審査落ちの理由になります

ファクタリング事業者の求める条件を理解する

ファクタリング事業者では、それぞれオリジナルの条件を設けています。
この条件を満たしていなければ、ファクタリングを活用できなくなります。

 

例えば事業者の中には、売掛先の企業の承諾が必要というケースも少なからず見られます。
もし取引先の企業の同意が得られない場合、資金調達ができなくなります。

個人事業主がファクタリングを利用するために何をすればいいか?

上で紹介したのが主な個人事業主が審査落ちしてしまう理由です。
審査落ちの理由を少なくすれば、個人事業主でもファクタリングを利用できる可能性もアップします。

 

そのほかにも以下のような対策を講じるといいでしょう。

ホームページを開設しよう

ホームページ

個人事業主の方の場合、自前のホームページを開設していないことも多いです。
ホームページを開設すると、信用度もアップします。

 

ホームページの中で事業内容や主要取引先などを公開すると、ファクタリング事業者も安心して資金を融通しやすくなります。

資料を残して提示する

売掛先との資料をできるだけ残しておくこともファクタリング利用の可能性をアップします。
具体的には売掛先との取引に関する資料や発注書などです。

 

このような資料があると、どのような取引を今まで行ってきたか、ファクタリング事業者も追跡しやすくなります。
また売掛先の企業の信用度を推し量るのにも使えます。

複数のファクタリング会社に相談してみること

相談

ファクタリング事業者といっても、いろいろな特徴をそれぞれ持っています。
審査の基準もまちまちなのでAというファクタリング事業者ではノーでも、Bというファクタリング事業者ならOKというケースもあります。

 

ですからいくつかの事業者に相談してみることです。

ちなみにファクタリング事業者をあっせんしてくれるサイトもあります。
こちらを利用すれば、自分に最もマッチするファクタリング事業者の見つかる可能性もアップします。

さらにファクタリングだけに執着しないことです。
ファクタリング以外にも資金調達する手段はあります。

 

具体的にはビジネスローンカードローンです。
この中には売掛金や在庫を担保にして、ある程度まとまった資金を融資してくれるところもあります。

 

ビジネスローンやカードローンの場合、銀行融資と比較すると審査もスピーディです。資金繰りがひっ迫している場合でも十分利用できるでしょう。

条件を譲歩する

ファクタリング事業者の交渉の中で、条件をできる限り譲歩すれば、審査通過する可能性も高まります。
満額調達できなくてもいい、手数料が多少高くてもいいといった話を持ち掛けてみるなどです。

 

ファクタリングを個人事業主が利用するためには、少しでも信用性を高め、条件面で妥協できるところは妥協するなど対策を講じることが大事です。

 

 【資金調達プロ】ファクタリング10秒カンタン無料診断
銀行返済の条件変更中でも赤字決算、債務超過でも担保不動産、保証人がなくても利用可能!
税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題がっても利用可能!
銀行融資を断られた方、ビジネスローンを断られた方、追加融資を断られた方でも利用可能!
仕入れ先への支払いが追い付かない!従業員への給料が払えない!⇒ファクタリング検討!
※事業資金を急いで調達したいなら【資金調達プロ】10秒カンタン無料診断!

資金調達プロ

>>安心して資金調達するためのファクタリング会社特集はコチラから<<

ファクタリングで知っておきたい重要なポイントとは記事一覧

ファクタリングを利用するにあたって、できることなら取引先にそのことを知られたくないと思っている人もいるでしょう。そのような場合には3社間ではなくて、2社間ファクタリングの利用を検討してみるといいでしょう。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに大別されるファクタリングを見てみると、大きく分けて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分類できます。それぞれの特徴について以下で詳しく見ていきま...

ファクタリングを利用するためには、事業者の実施する審査をクリアする必要があります。売掛の種類や差し押さえなどのリスクはないかなど、買い取った債権を確実に回収できるかどうかをファクタリングの審査の中では重視します。ファクタリングの審査と銀行融資の審査とは異なるファクタリングは申し込んだらだれでも利用できるものではないです。ファクタリング事業者は申込を受理すると、審査を実施します。そして一定の基準に達...

ファクタリングは売上債権を買い取ってもらうことで現金化する方法です。ところでこの売上債権の回収先である取引先が倒産してしまった場合、ファクタリングサービスの取り扱いはどのようになるかについて紹介します。取引先が倒産した場合ファクタリングの取り扱いは?ファクタリングは売上債権を買い取ることで、依頼主が現金化できるサービスのことです。そしてファクタリング事業者は売上債権を取引先から回収します。ここで問...

ファクタリング事業者の中には、悪質な営業をしているところもあります。安易に申し込み・契約をするのだけは避けたましょう。悪徳業者を見分ける方法ですが、いくつかチェックできるポイントがありますので見極め方をマスターしておきましょう。どの世界にも悪徳業者はあり・ファクタリング業界も!どの業界でもほとんどの業者はまっとうな営業をしています。しかし残念ながら一部悪質な営業を行っている業者もあって、問題視され...

トップへ戻る