ファクタリングで売掛金を担保に資金調達すれば黒字倒産を避けられる

ファクタリング事業者の中には悪徳なところも・その見極め方は?

ファクタリング事業者の中には悪徳なところも・その見極め方は?

ファクタリング

ファクタリング事業者の中には、悪質な営業をしているところもあります。
安易に申し込み・契約をするのだけは避けたましょう。
悪徳業者を見分ける方法ですが、いくつかチェックできるポイントがありますので見極め方をマスターしておきましょう。

どの世界にも悪徳業者はあり・ファクタリング業界も!

どの業界でもほとんどの業者はまっとうな営業をしています。
しかし残念ながら一部悪質な営業を行っている業者もあって、問題視されることもしばしばです。

 

悪徳業者はどの業界でも一部存在するものです。
ファクタリング業界も例外ではありません。

 

ファクタリングは比較的新しいビジネスなので、業界内でもまだ明確なルール作りなどの整備が進められていません。
その意味では悪徳業者の付け入るスキがあるといえます。

 

もしファクタリングサービスを利用しようと思っているのであれば、このように悪徳業者の存在することも十分念頭に入れて申し込みすることです。

 

悪徳業者の手口はいろいろとあります。
共通しているのは甘い言葉を投げかけてくることです。

 

一見するとこちら側がおいしい思いができるような勧誘をしてきて、その後いろいろと理由をつけては条件を厳しくしていくわけです。
例えば手数料を割り増しにするなどです。

 

しかも契約する間際で、もはや依頼主としてみれば引くに引けない状況だと相手の無理な条件を引き受けざるを得なくなることもあり得ます。

 

このような悪徳業者に引っかからないようにするためには、いくつかチェックポイントがありますのでその部分はしっかり押さえておくことです。

悪徳ファクタリング事業者の代表的な手口とは?

ファクタリング

悪徳業者のいることは事実ですが、ファクタリング業界の場合、その手口の中に代表的なものがあります。
まず以下で紹介するようなことを相手がやったり行ったりしてこないか確認しましょう。

「高額買い取り」等の甘い言葉で勧誘

悪徳業者の中で多いのは、高額買取をうたっていることです。
ファクタリング事業者は手数料を利益にしているので、これがどの程度かが比較ポイントになります。

 

2社間ファクタリングの場合、大体10~30%が手数料の相場です。
ところが一部5%程度の格安手数料をうたっている事業者が時折みられます。

 

しかしこのように相場から大きく逸脱しているファクタリング事業者は、悪徳業者の可能性が高いです。
このような低い手数料にすることで、お客さんを引き付けているわけです。

 

いわゆる「撒き餌」です。
ちなみにファクタリングで5%の手数料というのはコスト・リスクを考えるとあり得ない設定です。

審査で何かとケチをつけてくる

申込があった場合、買取できるかどうかの審査を行うのはどのファクタリング事業者でも一緒です。
しかし悪徳業者の場合、先ほど介したような安い手数料でお客さんを引き付けます。

 

そして審査を行ったと評して、「どうも取引先の信用が…」などとケチをつけて、手数料を割り増していきます。
もっともらしい理由をつけてくるので、相手のペースに乗せられると気が付いたときには他のファクタリング事業者よりも割高な手数料設定にされていたということもありうるわけです。

「保証料」「手付金」を要求してくる

このように悪徳業者の場合、手数料を最初に言っていたものよりも何かと理由をつけて引き上げていきます。
しかもそれだけでなく、搾取をしてくるところもみられます。

 

例えばいろいろな名目で買取金額から差し引いていくのです。
保証料」とか「手付金」「事務手数料」いろいろな名目をつけてきて、気が付いたら手元に入ってくるのは最初に言われていた買取金額の半額以下になってしまったということもあり得ます。

高利での分割支払いとなる可能性

ファクタリング

手数料をたくさん取られてしまうと、せっかく現金を早く手元に確保しておきたいのに十分な資金は用意できないでしょう。
まずこのような悪徳業者に引っかかると、資金繰りはかなり悪化してしまうはずです。

 

ここで悪徳業者は巧みに「アメとムチ」を使い分けていきます。

 

例えば「支払いを分割にしてもいいですよ」と言ってくることがあります。
一見するとありがたい提案かもしれませんが、相手は悪徳業者ですから、分割手数料を当然のことながら要求してきます。

 

この分割手数料、闇金さながらの高利でどんどん利息をむさぼろうというわけです。
このように骨の髄までしゃぶられる可能性があるので、悪徳業者には触れないように心がけることが求められます。

 

ちなみに中には年利換算すると1000%を超えるような利率になるようなケースもみられます

悪徳ファクタリング事業者に引っかからないようにするには?

パソコン

悪徳業者に引っかからないようにするには、いくつかチェックすべきポイントがあります。
以下で紹介する項目を把握しておけば、まず悪徳業者に引っかかってしまうことはないでしょう。

相手の会社情報が明確かどうか?

まずは相手の会社情報がホームページやチラシなどに明記されているかどうかチェックしましょう。

 

会社名や住所、電話番号、代表が書かれていないところは注意すべきです。
また交渉をしている担当者が直接会いたがらない、名刺を見せないような場合も注意が必要です。

 

住所が書かれていても架空の可能性がありますので、ネットなどで調べるといいです。

 

中にはレンタルオフィスや秘書箱といったケースもみられます。
電話番号も固定電話かどうかもチェックポイントです。

 

携帯電話の番号しか書かれていないところは、会社としての信頼性は低いといえます。
相手が何者なのか、きちんとわかるようなところとビジネスを行うべきです。

見積書をチェックする

売上債権をベースにして、いくらで買取してくれるか、普通のファクタリング事業者であれば見積書を提示してくれるはずです。
そこでもし見積書を出してこなかった場合、きちんと発行してもらえるか聞きましょう。

この時はぐらかされる、何かと理由をつけて見積書を出してこないような事業者であれば、利用しないほうがいいでしょう。

 

少なくても契約前の段階で書面上で提示してもらうことです。
プラス見積書の内訳をチェックしましょう。手数料などの金額が妥当かどうか確認することです。

 

ちなみに一般的には、登記7~9万円・解除1~2万円といったところが相場になります。
この相場から安くても高くても大きく逸脱している金額が提示された場合、契約は慎重にすべきです。

入金日が妥当な日付になっているかどうか?

ファクタリング

売上債権の買取金額がいつ入金されるか、見積書もしくは契約書の中に明記されているはずです。
この内容も見逃さないようにしましょう。

 

特に入金日がどうなっているかは確認しておくべきです。
悪徳業者の場合、日付がいい加減で売掛先の入金日とずれているといったケースもあるようです。

 

契約書の内容を精査することは、悪徳業者を見分ける意味でも重要です。
契約書をよくよく見てみると、意味不明な項目が入っているケースもあり得ます。

 

わからないままにしておいてサインしてしまうと、後日多額な請求を要求されることもあり得ます。
もし見てもわからないことが書かれているのであれば、相手に直接聞く、用量を得ないようであれば、専門家にこのままでいいのかどうかアドバイスをもらうのが無難です。

 

契約書を交わしたのであれば、控えは手元に保管しておくことも大事です。

 

契約書の控えが手元にあれば、後日トラブルになった場合でもその書面の内容を基に判断できるからです。
契約を交わしても控えを持っていないと、相手が勝手にその内容を書き換えてしまって、向こう側に有利な条件に勝手にすり替えられる危険性もあるからです。

 

このように慎重に慎重を重ねて、ファクタリング事業者を見極めることです。

 

 【資金調達プロ】ファクタリング10秒カンタン無料診断
銀行返済の条件変更中でも赤字決算、債務超過でも担保不動産、保証人がなくても利用可能!
税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題がっても利用可能!
銀行融資を断られた方、ビジネスローンを断られた方、追加融資を断られた方でも利用可能!
仕入れ先への支払いが追い付かない!従業員への給料が払えない!⇒ファクタリング検討!
※事業資金を急いで調達したいなら【資金調達プロ】10秒カンタン無料診断!

資金調達プロ

>>安心して資金調達するためのファクタリング会社特集はコチラから<<

トップへ戻る