急な資金調達でもファクタリング東京ならすぐに解決

資金繰りならファクタリング東京のファクタリングがおすすめ

▼中小企業の強い味方!!すぐ資金を調達したい方に▼

 

ファクタリング東京

 

>>「ファクタリング東京」の詳しい情報はコチラから<<

 

事業の拡大や大量の受注など大手企業であれば潤沢な運営資金でまかなうことができ、乗り越えられる場面でも中小企業の場合は資金繰りが悪化することはよくあることです。もともと不安定なキャッシュフローの中で経営をなんとか続けているという中小企業も多いので珍しいことではありません。

 

とは言っても中小企業の場合、銀行からの融資を断られてしまったり、ビジネスローンでは一時的に資金調達をすることができても金利の高さや返済期間の短さなどから、再び窮地に追い込まれてしまう可能性も少なくありません。どう資金繰りをすれば今後の経営に影響を与えることなく資金調達をすることができるのか頭を悩ませている経営者も多いのではないでしょうか。

 

そこで無理なく資金繰りを行うことができるのがファクタリングです。ファクタリングは今現在ある売掛金を全部もしくは一部現金化するものであり、この売掛金の買い取りを行っているのがファクタリング東京です。

ファクタリング東京が注目されるポイント

ファクタリング

ファクタリング東京はGCL株式会社が取り扱うサービスであり、2012年に設立されました。主な業務はファクタリング業務コンサルティング業務です。

 

様々な業種や用途、状況に合わせて選ぶことができるファクタリングサービスはありますが、ファクタリング東京のファクタリングサービスは幅広いニーズに対応することができるサービスとなっています。

 

  • 取り扱い金額は10万円~1億円と幅広い。
  • 個人事業主でも利用することができる。
  • 中小企業の強い味方として資金調達の問題を解決している。
  • 創業1年未満の企業やベンチャー企業でも利用することができる。
  • スピード審査に定評があり、最短で翌日には資金調達が可能。
  • 銀行の信用情報を元にした審査とは違い独自の審査基準を設けているので赤字決算や税金の滞納中、金融機関と計画変更中でも利用が可能。
  • 2社間取引なら取引先への連絡通知がないので安心して売掛金を現金化することができる。

 

ファクタリング東京は様々な企業や経営者のニーズに応えることができるように迅速丁寧な対応でファクタリングサービスを提供しています。

 

中小企業は銀行などの金融機関の融資を見込めないケースも多い

もともと潤沢な運営資金の中で経営をしているわけではありませんでした。大手企業とは違い私のような中小企業の経営者にとって資金繰り資金調達は常に頭の痛い問題です。大きな利益を見込むことができる発注が入っても材料費や人件費などの支払いの見通しがつかないことも多い中で今回も資金繰りを悪化させる受注が入りました。

 

銀行からの追加融資は見込めず、中小企業の経営者にとってこのような状況は非常に歯がゆいと思います。メインバンクだけではなくいくつもの金融機関に融資の申し込みや相談をしましたが返ってくる答えは同じで困り果てていました。

 

キャッシュフローが安定していない状況で受注を受けることに

ファクタリング

やはり大きな利益を見込むことができる受注に関しては今後の取引先との関係性も含めて断るわけにはいきません。事実キャッシュフローが安定していない状況で受注を受け、さらに資金調達や資金繰りには頭を悩ませるようになりました。

 

ビジネスローンであればもしすれば審査に通り融資を受けることができたのかもしれません。ですが知人の経営者は資金繰りのためにビジネスローンを利用したことで、さらにキャッシュフローは悪化し、最終的に焦げ付いてしまい倒産を余儀なくされました。同じ業種なので私も他人事ではありません。ビジネスローンは自分も上手く利用することができないだろうと選択肢には入れていませんでした。

 

売掛金が資金化できるファクタリングを利用することにしました

キャッシュフローは常に不安定です。簡単に言うと私の会社にはいつもお金がありません。仕事を受注すれば入金の目処は立っているので売掛金はある状態です。ですが売掛金も納品が完了しなければ支払われることはありませんし、入金までに長くかかるものもあります。
売掛金は資金であって資金ではないというのが一般的な考えですが、これを使って資金調達ができるのを知り、ファクタリングの利用を検討し始めました。

 

ファクタリングであれば借り入れではないので今後のキャッシュフローに大きな影響を与えることもないと思いました。現金化することができれば材料費や人件費など潤沢とまではいかなくても資金面の不安を解消して仕事を進めることができます

 

候補を絞って最終的にファクタリング東京に決めました

ファクタリング

ファクタリングサービスを提供しているのは銀行などの金融機関ではなく民間企業とのことでしたので、いくつか候補を絞って比較しファクタリング東京でファクタリングを利用することにしました。ファクタリング東京を選んだ最大の理由はホームページに中小企業の強い味方と書いてあったからです。

 

売掛金の現金化と聞くと大手企業の高額な売掛金をイメージしていたのですが、ファクタリング東京なら10万円から現金化することができるので利用しやすいイメージが強かったです。

 

資金調達に必要な額面は300万円ほどで売掛金を全てではなく、一部現金化することができればと考えファクタリング東京に申し込みをしました。

24時間受付対応のファクタリング東京の相談フォームで申し込みしました

ファクタリング

ファクタリング東京のサイトに行くと24時間受付対応可能な相談フォームがあります。電話でもよかったんですが、業務中はなかなか時間が取れなかったので空いた時間に相談することができるのは非常に便利です。

 

相談フォームでは希望金額や個人事業主や法人などの種別、会社名、名前、都道府県、持っている売掛金の金額、メールアドレス、電話番号、携帯番号、折り返し連絡希望時間などを入力します。1分もあれば終わる作業です。このまま送信すると申込みとなり、後日折り返しの連絡が入ります。

 

折り返しの連絡では状況を本当の細かくヒアリングしてくれます。銀行などの金融機関では融資の相談の時にここまで親身になってくれた感じはしなかったので安心することができました。電話で話しただけでも熟練の担当者だという感じが伝わってきます。もちろん銀行での追加融資は断られていることもお話しましたが、独自の審査基準で審査を行うとのことで問題ないとのことでした。

 

ファクタリング東京にファクタリングを申し込んでよかったです

ファクタリングサービスを提供している企業を選ぶ際に比較する基準の1つになったのが面談です。ファクタリング業務を行っている企業の多くは東京にあります。となると東京に行かなければならない、もしくは担当者に来てもらわなければなりません。もちろん来てもらう際の交通費はこちらが負担します。面談が必須というところが多い中で、ファクタリング東京は来店不要で電話での面談のみでファクタリングを利用することができました。これは毎日何かと忙しい、お金がない経営者にとっては大きなメリットです。

 

また私の場合は取引先に売掛金を資金化したことをどうしても知られたくありませんでした。今後の関係性に影響するのではと不安だったからです。それならば2社間取引を提案しますと言ってくださり、2社間取引を利用したことで秘密厳守でファクタリングを利用したことを取引先に知られることなく資金調達を行うことができました。

 

最終的にファクタリング東京で300万円の資金調達に成功しましたが、特にこの2点がファクタリング東京を選んでよかったと思える理由です。

ファクタリング東京のファクタリングサービスの効果

ファクタリング

ファクタリング東京でファクタリングを利用することで得られる最大の効果はやはりキャッシュフローの安定です。売掛金を利用して迅速に資金調達をすることができ、資金繰りの問題を速やかに解決することができます。

 

資金調達の効果はもちろんですが来店不要スピード審査のおかげで手間や時間をかけずにファクタリングを利用することができるのがファクタリング東京で個人事業主や中小企業の経営者も気軽に利用することができます。

 

一般的にファクタリングには20~30%の手数料がかかりますが、ファクタリング東京では2社間取引の手数料は5%~15%となっています。ファクタリング東京を利用することで面談のための交通費や手数料などの費用を節約する効果も得ることができます。

 

少額からのファクタリングが可能なファクタリング東京

ネット上にはファクタリング東京を実際に利用した中小企業の経営者の口コミも投稿されています。
口コミはこれから利用を検討している人にとってファクタリング東京のファクタリングサービスがどのような企業なのか、サービスについての詳細やどのような企業が利用しているのかなど気になる点を解決するのに役立てることができます。そこでファクタリング東京の口コミから特に多い声をいくつか紹介します。

 

まず最初に紹介するのは個人事業主中小企業の場合、数十万円~数百万円と所有している売掛金が少額なことも多いです。ファクタリングサービスを提供している業者の中には少額の売掛金の現金化が難しいという場合もありますが、ファクタリング東京のファクタリングサービスなら少額でも気軽に利用することができるのが魅力です。中小企業や個人事主の強い味方としてサービスを提供しています。

 

 

ファクタリング東京は迅速な対応で急な資金調達も安心

ファクタリング

ファクタリング東京の口コミの中でも多く見られるのが現金化までのスピードです。ファクタリング業者の場合、面談を必須としているところもあります。東京にしか会社がないという場合は東京まで出向くか担当者に面談に来てもらう必要があります。面談の日程によってはすぐに現金化を行うというのは難しいです。

 

その点ファクタリング東京は面談は電話のみで行なわれており来店不要です。無駄な時間を省いて申し込みから契約までを行うことができるので現金化までのスピードを短縮することができます

 

また審査スピードも独自の審査基準を設けていることで迅速に行なわれており、最短で翌日には資金調達が可能となっています。

 

 

創業年数の少ない企業やベンチャー企業の資金繰りにもおすすめ

ファクタリング東京を利用した企業の中には創業して1年未満の企業やベンチャー企業なども多く存在します。

 

創業年数が少ない企業や新規の企業したベンチャー企業の多くは資金繰りが悪化しても銀行やビジネスローンを取り扱う民間の金融機関からの融資は難しいことも多いですが、ファクタリング東京なら創業年数を気にすることなくファクタリングを利用することができます。売掛金があれば創業年数などは関係ないというのがファクタリング東京の考え方です。立ち上げたばかりで仕事の受注はあっても運転資金が不足しているという企業でも安心して資金調達を行うことができます。

 

 

対応業種が幅広いファクタリング東京もこの業種は苦手

ファクタリング東京の口コミの中に時折見かけるのが業種についてです。もともとファクタリング東京は建築業運送業広告代理店医療報酬など幅広い業種でファクタリングを提供しているのですが、コンサル業については苦手としているようです。

 

ただしコンサル業のファクタリングができないというわけではなく、他の業種と比べると時間がかかるというのが口コミの声です。もともと現金化までのスピードは速いファクタリング東京ですが、中にはこういった声もあります。

 

また来店不要となっているにも関わらず、面談が必要と言われたことがある経営者もいます。原則としてファクタリング東京は来店不要としていますが、面談は必要なしと考えているわけではないようです。初回利用時は出来る限り面前契約を推奨していることから、こういった提案をされた経営者もいます。

まずは公式サイトの申し込みフォームから申し込みをしよう

ファクタリング東京の公式サイトには申し込みフォームがあります。もちろん電話での申し込みもできますが、申込みフォームからの申し込みであれば24時間受け付けているのでいつでも好きな時間に申し込みを行うことができます。

 

申し込みフォームでは希望する金額を選択肢、法人か個人事業主かを選択します。会社名、名前、都道府県、売掛金の金額、メールアドレス、電話番号、携帯番号、折り返し連絡希望時間を入力し、個人情報保護の方針に同意すると送信することができます。電話で申し込みをする場合は平日9時半から18時までの間に電話をしましょう。

 

審査スピードを上げるために書類の準備は念入りにしよう

ファクタリング

ファクタリング東京でファクタリングを利用する際に必要な書類は、

 

  • 商業登記謄本
  • 印鑑証明
  • 決算書や確定申告など業績を確認することができる書類3期分
  • 売掛金企業を交わしている契約書
  • 発注書、納品書、請求書
  • 売掛金企業との継続的取引が確認できる書類や通帳

 

などです。紹介した書類は基本的なもので契約者によって書類が変わる場合もあるので出来るだけ審査スピードを上げたいという場合はしっかり担当者と打ち合わせをして念入りに書類の準備をしておきましょう。また3社間取引の場合は売掛先の売掛金譲渡承諾が必要になります。

 

手数料が発生することで手元に入ってくるお金は減ってしまう

これはファクタリング東京だけに言えることではありませんが、売掛金をファクタリングで資金化することで自分で売掛金を回収するのではなく、ファクタリング業者が回収を行います。ここで発生するのが手数料です。手数料が発生してしまうと当然手元に入ってくるお金は減ってしまいます。

 

また2社間取引は取引先にファクタリングを利用していることを知られることなく利用することができますが、3社間取引の場合は取引先の企業に売掛債権の売却を通知することになります。売掛金を現金化しなければならないほど経営状況が悪化しているのではと疑われてしまう可能性があります

 

中小企業や個人事業主も気軽に利用できるのがファクタリング東京

少額の売掛金でも問題なく現金化することができるのがファクタリング東京です。創業年数なども特に制限はなく、中小企業個人事業主ベンチャー企業創業1年未満の企業でも売掛金があれば問題なくファクタリングを利用することができます。

 

また買い取ることができる売掛債権は実決算までの期間が50日以内となっていますが55日60日でも問題なく現金化することができたという経営者も多くファクタリング東京の柔軟な独自審査がキャッシュフローの不安定な企業経営を助けます。