ファクタリングで売掛金を担保に資金調達すれば黒字倒産を避けられる

ファクタリングとは!売掛金を担保とした資金調達方法

資金繰りのために何とか資金調達をしたいと言ったときには、借り入れをすることで解決できる場合もありますが、
売掛金があるのなら、それを担保にすることでしのげることがあります。
ファクタリングとは、売掛金を担保にした資金調達の方法だと言えるでしょう。

ファクタリングで資金調達《MENU》
  1. 安心して利用できるファクタリング会社特集
  2. ファクタリングを活用して運転資金の資金調達が可能
  3. 黒字倒産を避ける資金繰り方法のファクタリングのメリット
  4. 資金調達プロは全国のファクタリング業者と提携している!
  5. ファクタリングを活用した資金調達プロの体験談
  6. ファクタリングにもいろいろな種類が・その特徴を紹介
  7. メリットとデメリットの両面を理解してからファクタリングを活用する
  8. 銀行融資とはどのような違いが?ファクタリングの特徴

ファルタリング会社特集

>>安心して資金調達するためのファルタリング会社特集はコチラから<<

売掛金を担保にするとは?

ファクタリングとは売掛金を担保とした困った時の資金調達方法

売掛金は、会計上は資産として計上されます。
ですから、例えば100万円の商品を売った場合、100万円の資産が帳簿上は存在することになります。
しかし、そのままではキャッシュとして用いることはできません
何か支払わなければならないときに、キャッシュが必要となることもあります。
ファクタリングとは、このような状況の時に便利な金融サービスです。

 

具体的には売掛金を担保として借り入れをすることになります。
金融業者からキャッシュを先に受け取り、そして売った代金は金融業者に支払われます。
その期間に応じて利息を支払うことになります。

 

金融業者からすでに信頼されていれば何もなくても融資を受けることができるでしょう。
しかし、そうではない場合には何らかの担保が必要となります。
すでに売った商品があって、その代金がいずれ入ってくることがほぼ確実であれば、
ファクタリングを利用できますから資金調達の手段として用いることができるのです。

ファクタリングを活用して運転資金の資金調達が可能

法人の経営者にとって、資金繰りを考えることは非常に大事なことだと言えるでしょう。
帳簿上は資産がたくさんあったとしても、現金がないと取引先に支払うこともできませんし、従業員に給料を支払うこともできませんから、
会社としては経営を続けていくことはできなくなります。
運転資金が不足しないかどうかといつも心配していなければならないのが経営者の仕事だと言っても言い過ぎではないでしょう。

 

ファクタリングで資金調達

ファクタリングとは売掛金を担保とした困った時の資金調達方法

ファクタリングを利用することによって、資金調達は容易になります。
ファクタリングは、このような悩みを解決するサービスです。
帳簿上の資産を現金に換えるサービスです。

 

資産の中でも売掛金を現金に換えることができます
売掛金は、将来は現金として手に入れることができますから、資産としての価値を持ちますが、
現時点では現金ではありませんから、支払いには困ります。

 

ファクタリングを利用すれば、売掛金を担保として現金を手に入れることができますから、それによって資金繰りを解決できます。
法人の経営者にとっては、資金繰りは非常に大事なことなのですが、
資金があまり多くない経営者にとっては、ファクタリングは資金繰りを解決できるすぐれたサービスなのです。

黒字倒産を避ける資金繰り方法のファクタリングのメリット

企業にとって資金繰りは非常に大事なことで、それに失敗すると黒字倒産してしまう可能性があります。
黒字倒産とは、黒字のままで倒産してしまうことを指します。
黒字なら儲かっているはずなのになぜ倒産してしまうのかと疑問になる方もいらっしゃると思いますが、
これは帳簿上の黒字でしかないからです。
その対策として注目されているのがファクタリングです。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングとは売掛金を担保とした困った時の資金調達方法

例えば企業が取引先に製品を納入した場合を考えてみると、
日本の商習慣では納入した製品の代金が一定期間後にキャッシュとして支払われます。
その間はキャッシュはありませんが、将来はキャッシュを受け取ることができる権利を持っていますから、
これは売掛金としいう資産として計上されます。

 

資産として存在しますから、キャッシュがなくても帳簿上は黒字になります。
しかし、キャッシュがなければ支払いをすることはできません。
仕入れや人件費など、いろいろなコストが発生するのですが、それらの支払いができなくなってしまうと倒産してしまうことになるわけです。
ファクタリングでは売掛金など、キャッシュではない資産をキャッシュにしてくれるサービスです。
利息を支払うことは必要となりますが、資金繰りとしては非常に魅力的なものでしょう。

資金調達プロは全国のファクタリング業者と提携している!

資金調達プロは、日本最大級の資金調達情報サイトです。
紹介されている資金調達方法は様々ですが、その中でも注目度が高まっているのがファクタリングです。
ファクタリングとは、売掛金を業者に売却することによって早期に資金化するサービスです。

 

支払いサイトの長さによって生まれる資金化までのタイムラグは、企業の資金繰りを悪化させる原因にもなりますが、
売掛金を売却することによって資金繰りの改善、急な注文や事業拡大への対応も可能です。

 

融資ではない資金調達

ファクタリングとは売掛金を担保とした困った時の資金調達方法

ファクタリングのメリットは、融資ではない資金調達であることです。
バランスシート上の負債にならず、金融機関やビジネスローンと審査方法が違います

 

売掛金を買い取る業者にしてみれば、大事なのは回収する売掛先企業の信用ですから、
税金滞納・債務超過など、自社の財務状況は重要ではありません。

 

資金調達プロは全国1,000社を超える事業者と提携しており、
ニーズに合ったファクタリング業者を探すことができます。
資金調達は最短翌日、金額は100万円〜3億円まで対応可能です。
ホームページには10秒無料診断の入力フォームがあり、希望金額や翌月の売掛金などを入力するだけで簡易審査を受けられます。
売掛先への通知をしない2社間ファクタリングもここで選択できるのは便利です。

 

ファルタリング会社特集

>>安心して資金調達するためのファルタリング会社特集はコチラから<<

ファクタリングを活用した資金調達プロの体験談

資金調達プロの体験談を聞くと、ファクタリングを活用していることをよく耳にします。
ファクタリングとは、期日前の債権を買取ってもらうことによって、資金繰りを良くすることです。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングとは売掛金を担保とした困った時の資金調達方法

企業間の取引は、一般的に掛けで取引が行われます。
商品やサービスの売買が行われても、すぐに支払いを行わずに、
契約によって定められた支払サイト通りに支払が実行されます。

 

商品を購入した側からして見れば、すぐに現金を手放す必要がありませんので、
資金繰りに多少の余裕を持たせることが出来ますが、
商品を販売した側からして見れば、すぐに現金を手にすることが出来ませんので、
最悪の場合には黒字倒産と言ったリスクも発生してしまいます。

 

しかし、ファクタリングを活用することによって、支払期日を待たずに現金を手にすることが出来ますので、
資金繰りを良くするメリットがあります。

 

またファクタリングは、たとえ売掛先企業の経営状態が良くなかったり、債権の回収期日前に倒産してしまった場合でも、
ファクタリングサービスを利用した企業は、何ら負担を被る必要がありませんので、債権が回収不能となるリスクも回避することが出来ます。

 

ただし、債権の額面金額の満額を手にすることは出来ません
金利に相当する一定の手数料を差し引かれた後の金額を手にすることが出来ます。
手数料の金額は、売掛先企業の信用度によって変化します。

ファクタリングにもいろいろな種類が・その特徴を紹介

ファクタリングと一言で言いますが、その種類は大きく分けて4種類に分類できます。
それぞれに異なる特徴があり、会社によって利用できる・適したタイプも異なりますので利用する際には慎重に比較して選択しましょう。

 

二者間取引と三者間取引で異なる一括ファクタリング

一括ファクタリング

ファクタリングの中の一つ一括ファクタリングとは、まず売掛金をはじめとした売上債権をファクタリング事業者が購入します。これを引き換える形で代金を支払う手法です。

 

一括ファクタリングの場合、二者間取引と三者間取引によって、若干違いがみられます。二者間取引の場合、支払企業の合意なしでも債権の譲渡が可能です。売上債権の譲渡を支払い企業に気づかれると厄介に感じる経営者が多いので、こちらのスタイルをとることが多いです。

 

医療機関が活用する医療報酬債権ファクタリング

医療機関が国民保険社会保険に対して請求する債権をファクタリング事業者が購入する方式です。
ちなみに介護報酬や調剤報酬に関しても基本的な仕組みは一緒なので、医療報酬債権ファクタリングの範疇に含められることが多いです。システム的に見てみると、先ほど紹介した一括ファクタリングの三者間取引と一緒と思っていいでしょう。一括ファクタリングの医療バージョンという解釈で間違いありません。

 

保険のようなシステムをとっている保証ファクタリング

保証ファクタリング

保証ファクタリングは保険のような感じのファクタリングです。

売上債権に対して一定の金額を保証する形になります。例えば支払企業が倒産などで支払いができなくなった場合、売上債権の回収ができず、場合によっては経営が厳しくなることもあり得ます。
しかし保証ファクタリングを利用すれば回収不可能になった売上債権をファクタリング事業者が肩代わりする格好になりますので、資金回収の全くできない事態を回避できます。

 

建設業者や資材業者を保護する下請債権保全支援という制度があります。建設業者が支払いできなくなった場合、保証料金の2/3を国土交通省が負担してくれるもので、保証ファクタリングの一つといえます。

 

輸出債権を買い取ることのできる国際ファクタリング

グローバル

経済の世界ではグローバル化が進んでいますが、ファクタリングも例外ではないです。

 

国際ファクタリングは、輸出債権をファクタリング事業者が買い取ることです。この場合、国際的な規模を誇るファクタリング事業者同士の連携が必要不可欠になります。この場合、支払企業からの代金回収が完了できているかどうかをファクタリング事業者は重視します。イメージとしてはL/Cに近いところでファクタリングを活用する感じと思ってもらえればいいでしょう。

 

このように4種類のファクタリングがありますので、自分に合ったものはどれか吟味しましょう。

 

ファルタリング会社特集

>>安心して資金調達するためのファルタリング会社特集はコチラから<<

 

 

メリットとデメリットの両面を理解してからファクタリングを活用する

ファクタリング

ファクタリングにはスピーディに現金を確保できるメリットのある半面、売掛などの売上債権を持っていないと利用できないデメリットもあります。

両面を見て、自分たちにとって活用することがプラスに働くかどうか見極める必要があります。

 

 

 

 

ファクタリングを活用することで期待できるメリットとは?

スピーディに資金調達することが可能

ファクタリングのメリットとして大きいのは、資金調達できるまでの期間です。ファクタリング企業の中には、最短即日振込してくれるところもあります。1か月前後かかってしまうことも少なくない銀行融資と比較すると、スピード面では何枚も上手です。

 

回収義務を背負う必要がなくなる

ファクタリングは売掛金などの債権をそのまま譲渡する方式をとります。売掛先が倒産や未払いを起こしてもその責任を回避できます。取引先の倒産リスクを回避したければ、ファクタリングを活用するのは意味があります。

 

信用情報への影響は一切なし

信用

ファクタリングは銀行融資とは異なり、債券の売買・譲渡に該当します。借り入れるわけではないので、信用情報にマイナスの材料にはなりません

もちろん会計上負債として処理をする必要はないですし、ファクタリングを利用することで赤字決算の増えるようなこともないです。

 

 

 

売掛先に知られることなく必要な現金を確保できる

ファクタリングの中でも二者間取引を利用すれば、売掛先会社に知られることなく必要な資金を確保できます。資金繰りの悪化についても周囲に悟られることもないです。

 

メリットだけではなくデメリットも・ファクタリングの注意点は?

そもそも売掛金がないと利用できないシステム

資料

ファクタリングは売掛金などの売上債権を譲渡・売却することによって、資金調達する手法を指します。つまり売却・譲渡できる align="right" 売上債権を有していない企業は活用できないという制約がかかります。またもし売上債権を有している場合でも、月商を超える資金を確保できません。あくまでも調達できる資金には上限があることも把握する必要があります。

 

 

 

 

三者間の取引の場合取引先の承諾を得る必要が

ファクタリングには二者間取引三者間取引の2タイプがあります。
後者を選択する場合、ファクタリング会社と売掛先の企業、ファクタリングを利用する会社の三社がかかわってきます。ということは、売掛先の取引先の承諾が必要です。取引先が承諾してくれればいいですが、時として難色を示す、拒否してくるケースも考えられます。

 

またファクタリングは手早く資金を確保できます。しかしこのことが取引先に知られると、「目先の現金が必要なほど資金繰りに困っているのではないか?」と懸念される恐れもあります。

銀行融資とはどのような違いが?ファクタリングの特徴

ファクタリングと銀行融資が同じようなものと思っている人も多いようですが、両者には違いがあります。資金を確保できるまでの期間や利用するにあたってのコストなどで違いがありますので、両者を比較してどちらを選択するか決めましょう。

 

資金を確保できるまでのスピードに両者は違いがある

ファクタリング

企業が資金調達をするにあたって、銀行融資のほかにもファクタリングという手段もあります。両者を似たようなものと思っている人もいるかもしれませんが、両者にはいくつか違いがみられます。

 

まず資金を確保するまでのスピードについてです。

 

銀行融資の場合しばしば問題になるのは、審査に時間がかかる点です。資金調達の相談から融資実行されるまでには1か月程度は必要と思ったほうがいいです。また必要書類もいろいろとありますので、準備期間も必要になります。

 

一方ファクタリングの場合、最短即日というケースもあります。すべてのところがそうではないですが、たいていのところが申し込んで数日後には必要な現金が確保できるスピーディさです。

 

 

金利や手数料など現金化するにあたってのコストでも違いが

金利

銀行融資の場合、借り入れた際には金利が発生します。銀行融資は審査が厳しく融資実行されるまでに時間がかかります。しかしその分金利は安めに設定されていて、年利数%としているところが多いです。余計な利息を支払うことなく、返済の負担を軽減できるメリットがあります。

 

ファクタリングの場合事業者によっても異なりますが、売掛金の5%前後を手数料として取られる傾向がみられます。ですから銀行融資と比較すると現金化まではスピーディですが、コストは若干割高になると思ったほうがいいです。ただし二者間取引と三者間取引とでも、コストは違ってきます。利用する前にしっかりシミュレーションをして利用すべきかどうか慎重に判断しましょう。

 

 

借入金と売却という根本的な解釈の違いに着目

銀行融資とファクタリングとでは、そもそも現金化した際の取り扱いに違いがあります。

 

銀行融資の場合、あくまでも借入金となります。ですから融資を受けた後は一定のルールでお金を返済していかないといけません。また会社の信用力やその時点における借入状況によっては、希望する借入金額の融資を受けられないこともあります。保証人や担保を出すように求められるケースも考えられます。

 

一方ファクタリングの場合、売掛金の売却という形になり借入金ではないです。ですから後々返済する義務もないです。もし安定した売掛金を確保しているのであれば、審査なしで現金化することも可能です。資金繰りがタイトで銀行融資の審査を待っていられないというのであれば、ファクタリングを活用して、とりあえず必要な資金を確保する考え方もあります。

 

 【資金調達プロ】ファクタリング10秒カンタン無料診断
銀行返済の条件変更中でも赤字決算、債務超過でも担保不動産、保証人がなくても利用可能!
税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題がっても利用可能!
銀行融資を断られた方、ビジネスローンを断られた方、追加融資を断られた方でも利用可能!
仕入れ先への支払いが追い付かない!従業員への給料が払えない!⇒ファクタリング検討!
※事業資金を急いで調達したいなら【資金調達プロ】10秒カンタン無料診断!

資金調達プロ

ファルタリング会社特集

>>安心して資金調達するためのファルタリング会社特集はコチラから<<

「ファクタリングとは売掛金を担保とした困った時の資金調達方法」関連情報